ドッグフードはグレインフリーじゃないと駄目?穀物が犬に与える影響とは?

昨今、ドッグフードも多種多様な種類が発売されています。

例えば

  • 子犬用
  • 成犬用
  • 老犬用

といった年齢別のものや

  1. チワワ用
  2. トイプードル用
  3. 柴犬用

といった犬種別のドッグフード等、色々な種類がありますよね。

そんな中、最近特に目にする事が多くなった「グレインフリー」という名のドッグフード。

そもそも「グレインフリーって何?」って方も多いんじゃないでしょうか?

グレインフリーとは?

実はグレインフリーとは「穀物類(小麦粉・米・トウモロコシ等)不使用」という意味なんですね。

(※グレイン=穀物・フリー=不使用)

ですがどうしてグレインフリーが流行っているのでしょうか?

グレインフリーのメリット

実は犬には小麦粉のアレルギーを持っている場合がまれにあるんですね。

そういった犬が小麦粉などが含まれるドッグフードを食べると体調不良や食欲不振など、身体に悪影響を及ぼす可能性があります。

そのためグレインフリーのドッグフードが注目されている訳なんです。

また穀物類は野菜や脂肪分の少ない肉に比べ

  • 太りやすい
  • 消化不良になりやすい

という事もあって穀物類を避ける飼い主さんが増えてきているんですね。

グレインフリーのデメリット

はたから聞いていると非の打ちどころが無いように感じるグレインフリー。

ですが少なからずデメリットも存在するんですね。

それは犬にも健康のため適量の穀物類は必要!だからなんです。

犬の集団画像

実は穀物類には食物繊維が豊富に含まれていて、犬のお通じを改善するお手伝いをしてくれます。

特に便秘気味ワンちゃんには重要な原材料だと言えるでしょう。

なので全く摂取しないのも考えものという事なんですね^^;

グルテンフリー

そこでご紹介したいのがグルテンフリーというドッグフードなんですね!

グルテンフリーとは「グルテン不使用」つまり小麦粉不使用という意味です。

先ほどもいいましたが犬は穀物類のアレルギーを持っている可能性があります。

ですが最もその可能性が高いのが小麦粉であって、その他の穀物類

  1. 玄米
  2. トウモロコシ

等は比較的低いと考えられています。

穀物(炭水化物)は犬にとっても必要不可欠な成分です。

なので愛犬家さん達の間では、グレインフリーでは無くてグルテンフリーが流行りつつあるようなんですね^^

犬の画像

ドッグフードはグレインフリーが良い?まとめ

市販で販売されている低品質なドッグフードには、量をかさ増しするため小麦粉が大量に含有されています。

もし愛犬が小麦粉アレルギーだったとしたら、そんなドッグフードは与えられません^^;

ヘタをしたら命に係わる問題ですから・・・。

もし愛犬がそういったアレルギーを持っていたら、またはその可能性が考えられるなら、是非グレインフリー(グルテンフリー)のドッグフードを与えてあげて下さい^^

関連記事

愛犬が何日もドッグフードを食べない!その理由と対応策とは?

市販のドッグフードは粗悪品だらけ?プレミアムフードとの違いとは?