愛犬が何日もドッグフードを食べない!その理由と対応策とは?

犬は何世紀も前から人間のパートナーとして、いつもそばにいました。

それは現代においても変わる事はありません。

そんな大切な家族である愛犬が「全然ドッグフード食べない!」なんて事があったりするんですね^^;

ご飯をちゃんと食べてくれないと心配になってしまいますよね。

でもなぜ食べないのか原因が分からない時もあると思います。

 

何故愛犬はドッグフードを食べない?

生物は食事を摂らないと栄養失調などで倒れてしまいます。

それでも尚、愛犬がドッグフードを食べないのには理由があったんですね。

それは

  • 急にドッグフードを切り替えた
  • ドッグフードが劣化している
  • 味に飽きた

といった理由です。

スピッツの画像

急にドッグフードを切り替えた

犬は急にドッグフードを切り替えると食べない場合があります。

それは何故かと言うと、食べ慣れたご飯から急に違う味や匂いに変わると「胃腸がビックリ」してしまい受け付けなくなる事があるんですね。

なのでドッグフードを別のものに切り替える際は、以前の与えていたドッグフードと新しいドッグフードを混ぜて与えましょう。

ドッグフードの画像

ですがただ混ぜれば良い訳ではありません

初日は以前のドッグフードを多めに、新しいドッグフードを少なめに与えてみて下さい。

以前のドッグフードを多くすることによって食べやすくなります。

 

それを日を追うごとに配分を逆転させていきましょう。

最終的にお皿の中が100%新しいドッグフードになれば切り替え完了です^^

もし愛犬のご飯を新しいドッグフードに切り替える予定があるなら是非参考にしてみて下さい。

ドッグフードが劣化している

これは犬に限った話ではないと思います。

人間でも食べ物が劣化していたら食べないですよね^^

ドッグフードにも消費期限がありますから、それを守るのは当然として消費期限前にドッグフードが劣化してしまった事ってありませんか?

それは間違いなくドッグフードの保管方法が悪いからなんです。

じゃあ「正しいドッグフードの保管方法って?」って思いますよね。

実はその方法は

  1. 直射日光を避ける
  2. 高温多湿を避ける
  3. 風通しの良い場所に保管する

この3つの条件を満たす冷暗所がおすすめなんですね^^

例えば

  • クローゼット
  • 玄関
  • 床下収納

といった場所です。

こういった場所で保管していたら、ドッグフードが消費期限前に劣化することは無いでしょう^^

味に飽きた

犬は味覚よりも嗅覚が発達した生き物です。

とは言え味覚が全く無い訳ではありませんからドッグフードの味も重要なんですね。

チワワの画像

そして中にはグルメなワンちゃんも存在することでしょう。

そういった犬は気に入らないドッグフードはなかなか食べない可能性も^^;

そういう時は手作りのトッピングが効果的ですよ^^

例えば

  1. カツオ節
  2. 煮干し
  3. 肉や魚を粉末にしたフリカケ

などなど、愛犬の口に合うトッピングを見つけだしてあげましょう^^

関連記事

市販のドッグフードは粗悪品だらけ?プレミアムフードとの違いとは?